メインコンテンツエリア

任意整理の解決事例

任意整理の解決事例1

任意整理の解決事例1

  金利 借入期間 借入残高 引直後残高 過払回収額
消費者金融 A社
(おまとめローン)
18% 半年 110万円 110万円 無し
消費者金融 B社 29% 15年 完済 0円 70万円
消費者金融 C社 28% 12年 完済 0円 50万円
消費者金融 D社 24% 7年 完済 0円 25万円
消費者金融 E社 24% 6年 完済 0円 15万円
この事例の概要
相談者様は生活のために、長期間、消費者金融等から借り入れ、返済を繰り返してきたため、半年ほど前に消費者金融4社からの借入れをおまとめローンで一本化しました。
しかし、一時的にまとめることはできましたが、その後も返済額に対して元金が減らないため、当事務所に債務整理のご相談に来られました。
解決まで
相談者様のケースでは、利率の高い時期におまとめローンによって完済されており、取引期間も長いので、おまとめローン以前の返済金について過払い金が発生しているのは確実でした。そこで過払い金請求をすることにしました。その結果、過払い金160万円を取り戻したため、このお金で残ったおまとめローンの分の債務を一括で支払い、さらに当事務所への報酬を差し引いた20万円を返還することができました。相談を受けてから6ヶ月後にすべての手続きを終了しました。

任意整理のお手続きの流れ

解決に要した期間
約6ヶ月

任意整理の解決事例2

任意整理の解決事例2

  金利 借入期間 借入残高 引直後残高 将来利息
消費者金融 A社 27% 6年 80万円 40万円 0%
消費者金融 B社 28% 5年 60万円 30万円 0%
消費者金融 C社 28% 5年 30万円 20万円 0%
月々の返済額6万超→2万円
この事例の概要
相談者様は自営業をしていましたが、売り上げが減ったことが原因で消費者金融から借り入れをはじめられました。相談に来られた時には、自営業を続けていきたいという気持ちが強く債務整理手続きをすると廃業しなければならないのではないかと心配されていました。また、奥様にも借金のことはお話していないため、内緒で債務整理手続きをしたいというご希望でした。
解決まで
相談に見えられた時点での借入金の額は150万円を超えていましたが、超過利息引き直しの結果、債務の総額は100万円を切り、分割払いとすることで業者と和解することができました。月々の支払いも相談前は6万円を超えていましたが、2万円と無理のない範囲に収まり、返済が終了するまでの利息(将来利息)も無くなりました。相談を受けてから3ヶ月後にすべての手続きを終了しました。

任意整理のお手続きの流れ

解決に要した期間
約4ヶ月

任意整理の解決事例3

任意整理の解決事例3

                   
  金利 借入期間 借入残高 引直後残高 過払回収額
消費者金融 A社 29% 9年 120万円 15万円 無し
消費者金融 B社 29% 8年 100万円0円35万円
消費者金融 C社 25% 7年 50万円 0円 5万円
合計     270万円→ 15万円 40万円
この事例の概要
相談者様は念願のマイホームを購入してその際にローンを組みました。当初は順調に返済をしていましたが、考えていたよりも収入が伸びず、何かがあったときのためにとコツコツ貯めておいた貯金にも手をだし、貯金がなくなると消費者金融から借り入れをしてローンの返済に充てていたとのことでした。やがて次第に返済額がかさみ始め、このままでは返済していくことができなくなってしまうのではないかと不安に襲われ、なんとか家を守ることができないのかと相談に来られました。
解決まで
マイホームを失うことなく、住宅ローンを支払いながら行う債務整理手続きとしては個人再生と任意整理が考えられます。ただし相談者様の場合は借入時の事情から個人再生はできないと判断し、一方で金融業者との取引期間が9年ほどに及んでいたため、過払い金が発生している可能性があったことから、任意整理での解決を提案しました。引き直し計算の結果3社中の2社で過払い金が発生していることが分かったため、過払い金として取り戻した40万円の中から残債と当事務所への報酬を除いた5万円を返還しました。消費者金融への支払いがなくなり、住宅ローンも問題なく返済できるようになりました。

任意整理のお手続きの流れ

解決に要した期間
約3ヶ月