メインコンテンツエリア

個人民事再生のメリット・デメリット

個人民事再生は多重債務による支払い不能の状態に陥る恐れがあるものの、継続的な収入のある人が破産をすることなく、無担保の債務の中の一定額のみを原則3年間で分割返済すれば残額は免除される手続きです。自己破産では借金の全額が免除されるのに対して個人再生では一定額を支払う必要があります。

個人民事再生のメリット

  1. 借金の額が大幅に減額されます!
    無担保の借金のうち、一定額のみを返済するだけで借金全額を返済したことになるため、返済の負担が大幅に軽減されます(任意整理の場合は利息がカットされるだけで元金は減額されません)。
    原則として、債務額が500万円までなら支払額は100万円に。
    債務額が500万円から1,500万円までなら支払額はその5分の1に。債務額が1,500万円から3,000万円なら支払額は300万円に。
    債務額が3,000万円から5,000万円までなら支払額はその10分の1に。それらを3年間で返済することになります。
  2. マイホームを手放す必要がありません!
    自己破産の場合と違い、マイホームを手放すことなく手続きをすることができます。
  3. 資格停止などの制限がありません!
    一定の職業の人が手続きした場合でも、自己破産とは違って手続き後も資格を活用して収入を得ることができます。
  4. 借金の原因は問われません!
    自己破産と違い、借金の原因がギャンブルや遊興費であっても手続きが可能です。
  5. 住宅ローンを一定の型にリスケジュールすることができます!
    ①期限の利益回復型
    原契約書どおりに支払いを継続していく型です。
    ②最終弁済期の延長型
    原契約の弁済期間を、返済終了時の年齢が70歳を超えない範囲で最大10年まで延ばす型です。
    ③元本据置型
    再生計画に定められた返済をしている間、住宅ローンの元本の一部の支払いを据え置く型です。

個人民事再生のデメリット

  1. 手続きが複雑なため専門家に依頼することが必要です。また依頼料も比較的高額になります。(高額とは言っても手続きをせず支払を継続するよりずっとお得です)
  2. 債務を3年間で分割返済するため、継続・安定した収入が必要です。派遣社員・パート・アルバイトでも手続きすることは可能ですが、ある程度の経済基盤が必要になります。
  3. 住宅ローン以外のローン(ex自動車ローン)がある場合には、原則その物を手放さなければいけない可能性があります。
  4. 高額な資産(自宅を除く)をお持ちの場合は,返済額が法律で定められた額より高額になる可能性があります(清算価値保障原則)。
  5. 事故情報が登録されるため、手続き後一定の期間(5~7年程度)は新規の借入れができなくなります。
    ※事故情報についてはこちら