メインコンテンツエリア

「消滅時効の援用」督促されている借金がゼロになる!

時効を迎えても「時効消滅の援用」をしなければ、借金を消滅させることはできませんので、最後の支払いから5年以上経過しており、「支払い督促」や「裁判」を起こされていない方は是非、消滅時効の援用をご依頼下さい。 借主が行う過払い金請求では、請求できる権利の時効が10年と決まっていますが、貸主にも返済を請求できる権利についての時効があります。借主が時効の成立を主張することを「時効の援用」といいます。債務の消滅は時効になってから、借主が時効が成立していることを主張する(時効の援用をする)ことで成立します。