メインコンテンツエリア

消滅時効を迎えてから返済をすると・・・?

時効期間の満了後であっても、場合によっては消滅時効を主張することができなくなってしまうことがあります。

例えば・・・

消滅時効の例示列挙

以上は例示列挙ですが、結局いずれのケースも借金があることを“認めた”と受け取れる行為なわけです。そうなると相手方は「もう時効援用はしないであろう」と期待するわけで、この段階で「時効援用します!借金は払いません」という態度は相手の期待を損ねるとされ「信義則に反する」として認められません。つまり時効援用権を失ってしまったわけです(ただ、再び5年を経過すればまた時効援用はできますが・・・)。 消費者金融等の中には時効完成していることを知っていながら時効の援用をされる前にあえて請求し、少額の返済をさせて時効の援用権を喪失させようとする業者もいますので注意が必要です!

もし「借金があったはずだが、いつの間にか督促もなく従って払って いなかった」という金融機関からある日突然請求されたというような 場合には“絶対に”支払ったり、安易に受け答えをせずに必ず司法書士・弁護士にまずご相談下さい!