メインコンテンツエリア

消滅時効の援用方法は?

消滅時効の援用ができるのは「時効によって利益を受ける者」であり、通常は借主です。 ただ判例で、借主以外にも時効の援用が認められているケースもあります。

例えば連帯保証人は主債務(借主が借りた借金)の消滅時効の援用ができます。連帯保証人だけが訴えられたような場合(こういうことも十分あり得ます)には、保証債務(連帯保証人が負う債務)の時効期間だけが10年に延長され、主債務は5年のままとなりますが、このような場合、連帯保証人は、自分の保証債務の時効期間はまだ満了となっていなくても、主債務の消滅時効の援用ができます。 主債務が消滅すれば、保証債務も消滅します。